© 2014-2019 Yu Ibuki / stroph

ピアノで追ったモノクロを暗黙のピントで描いていた

時計で見た似非暮の四時 朝か夕か もうよくわかんないな

 

 

嗚呼胸を裂いてみよう 感泣の先まで

嗚呼飢を吐いてみよう 反復の波まで

超えて超えていく

 

丹花咲いた運命の開花

肥大化されていく銀明の彼方

荒んでいく未来唱歌

 

散華満ちた分霊の大河

司会者不在の支配の彼方

荒んでいく未来ショーは

 

嗚呼胸を裂いてみよう 感涙の先まで

嗚呼飢を吐いてみよう 反復の波まで

超えて超えていく

 

丹花咲いた運命の開花

 

肥大化されていく銀明の彼方

荒んでいく未来唱歌

 

散華満ちた分霊の大河

司会者不在の支配の彼方

荒んでいく未来ショーは

 

 

 

寝落ちだ 朝になる頃 嗚呼曲がそろそろ終わってしまう

時計で見た吹き抜けの九時 此のくらいで〆てもいい感じ

 

Yellow-02