検索
  • root

「伊吹悠 2020 LIVE / Eyrhka!」開催に関するお知らせ

2020年3月28日 Zirco Tokyoにて行う

「伊吹悠 2020 LIVE / Eyrhka!」は会場担当者・関係各位との協議の上、

現時点では通常通り開催することを決定しました。


チケットを購入された方の中で、ご来場を辞退される方への払い戻しにも対応いたします。

詳細は追ってこちらのサイト及びstrophツイッターなどでお知らせいたしますので、もうしばらくお待ちいただくようよろしくお願いいたします。


また、会場がライブハウスということで他のお客様と比較的近い距離でご覧いただく予定だったのですが、今回念の為に会場キャパシティの1/3〜半分以下までを入場者の上限とさせていただきますので、当日券は販売しない可能性もございます。

※これまで前売で発券された方は全員入場できます。


・ご来場の際のお願い

発熱・咳や体調の優れない方はご来場前に必ず医療機関を受診していただくようお願いいたします。

国立感染症研究所のHPによりますと、衛生対策として咳エチケット・手洗いうがい・アルコール消毒が有効であることがわかっているため、以上の対策をお守りいただくようお願いいたします。


・グッズ販売につきまして

通常通り行う予定ですが、当日の物販ブースにはアルコール消毒液を置かせていただきますので、各自マスク等の感染防止策をしていただくよう、ご協力をお願いいたします。

販売・会場スタッフもマスク・手袋を着用させていただく場合がございますが、予めご了承ください。


ご来場される皆さまにおかれましては、うがい手洗いの徹底、充分な睡眠、食事など体調を整えてお越しくださいますよう、再度お願い申し上げます。


以上、何卒ご理解・ご了承のほどよろしくお願いいたします。


stroph




36回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

伊吹悠 ライブ「Live JPN」決定

全世界線運営の要、”月碧の塔”。 個別世界線の人民による物語の生成によってその形を為す「歴史」の顕現としての役割、そして一回性の事象を組織的に編集する人民の本能への補助的な役割を持つ。そういった役割から人民の心的地区とその社会そのものを繋ぐ橋のような存在となっていたが、本世界線・2020年、人民の心的抑圧による流動的な物語生成と社会的抑圧流動(または固定)による物語生成の摩擦により、月碧の塔は墜落

『DVDビデオ作品「LIVE EYЯHKA」(STH-015〜016)における一部、動作不具合に関しまして』

お客様各位 平素は弊社商品をご愛顧いただきまして誠に有難うございます。また日頃伊吹悠のCDやDVDをお引き立て頂きまして、重ねてお礼申し上げます。 さて、初回生産分「LIVE EYЯHKA」Disc-B (CD/STH-016)におきまして、ある特定の製造分において、音声データの書き込みがされていない商品が一部のお客様に届いている旨のご連絡をいただきました。 一部のお客様には、大変ご迷惑をお掛け