検索
  • root

『DVDビデオ作品「LIVE EYЯHKA」(STH-015〜016)における一部、動作不具合に関しまして』

お客様各位

平素は弊社商品をご愛顧いただきまして誠に有難うございます。また日頃伊吹悠のCDやDVDをお引き立て頂きまして、重ねてお礼申し上げます。


さて、初回生産分「LIVE EYЯHKA」Disc-B (CD/STH-016)におきまして、ある特定の製造分において、音声データの書き込みがされていない商品が一部のお客様に届いている旨のご連絡をいただきました。 一部のお客様には、大変ご迷惑をお掛け致しております事を深くお詫び申し上げます。 こちらの商品は生産枚数が限定されており、お取替えすることができないため、同商品封入のブックレット「特典映像」用ページにDisc-B収録のデータをDLいただけるリンクを記載させていただきます。


同様の症状が発生しているお客様には、ダウンロードリンクをお送りさせていただきますので、まことにお手数ですが「注文ID」を記載の上、下記宛ご連絡いただけますよう、宜しくお願い申し上げます。


stroph online shop

strophlive@gmail.com


以降この様な不具合が起きないよう、一層の商品管理の徹底を図ると共に、品質の維持・向上に万全の努力をいたす所存でございます。何卒今後とも変わらぬご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。

2021年7月9日 stroph


29回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

伊吹悠 ライブ「Live JPN」決定

全世界線運営の要、”月碧の塔”。 個別世界線の人民による物語の生成によってその形を為す「歴史」の顕現としての役割、そして一回性の事象を組織的に編集する人民の本能への補助的な役割を持つ。そういった役割から人民の心的地区とその社会そのものを繋ぐ橋のような存在となっていたが、本世界線・2020年、人民の心的抑圧による流動的な物語生成と社会的抑圧流動(または固定)による物語生成の摩擦により、月碧の塔は墜落

伊吹悠 無観客収録ライブ中継&1年ぶりの新譜発売!

今年3月28日に予定していた伊吹初となるライブ「Yu Ibuki 2020 LIVE / Eyrhka!」が昨今の状況を踏まえて延期のち中止、今回の無観客ライブでは予定していた演目を再構築し、オーディエンス完全不在の中行われるライブ映像収録の模様を[生]で中継いたします。 勿論、出演予定だったコマツコウタロウ・武田元気も参加。ライブでしか聞けない3人による楽曲アレンジをお楽しみください。 同時に、