© 2017-2019 by stroph, Yu Ibuki

未来は光のDONOR

石を投げ水面を皺寄せて消えていく

定刻の鐘が鳴り往く

 

日暮れの空にたった一つ浮かべては

追想を終えてまた還りゆく

 

未来は光のDONOR

模倣したドアを叩いて

無様に身じろぎもせず

いつになく月を見つめてた

 

埋もれたまだ見ぬ空

光見た水面が皺寄せて消えていく

時は無く 音も無く過ぎる

 

意思無く海に影ひとつ打上げた

水槽に浮かべても棺はない

 

埋もれたまだ見ぬ空

似た意思と憎悪抱いて

1と0の闇 向日の光

全部知った夏の日

 

水槽の脳

電子剥離に置去っていた

まだ白い君はデータ

電子の波に流された  

 

浮かべた剥離のSONAR

昔見た水面に皺寄せてまた消えた

終奏の鐘が鳴り止み

 

荒んだ空に亦一つ打上げた

追葬も間に合わぬ楔の罪

 

浮かべた剥離のSONAR

擬態した業を開いて

自在の神を 怒りの雨を

雁首に押し付けて

 

水槽の脳

電子剥離に置去っていた

まだ白い君はデータ

電子の波に流された