© 2014-2019 Yu Ibuki / stroph

男の身を醸した三叉のシネマに

理解り合えぬだが奇怪な同調渦巻いた

 

たかが憂いの檻に引き裂いた知と身

祈った罪の乱高下防いだ 蒙昧だ

 

何等にも厭わず

幾多の間に問わず

 

道化の砌断つ文目が枯れ朽ちた

 

聖者なんて居ないのポアゾンだけに塗れて

栄枯盛衰の輪廻ロンダリング

皆游び枯れて逝くんだから

高く付いたスーツ脱いで映画の様

 

曰く付きの瞳が鼓動走った胸に

深く扨さる一悶着云って泣いて

 

たかが憂いの檻に引き裂いた知と身

祈った罪の乱高下防いだ 蒙昧だ

 

何等にも厭わず

幾多の間に問わず

 

道化の砌断つ文目が枯れ朽ちた

 

森羅にも厭わず

幾多の間に問わず

 

道化の砌断つ文目が咲き燃えた

 

聖者なんて居ないのポアゾンだけに塗れて

栄枯盛衰の輪廻ロンダリング

皆游び枯れて逝くんだから

高く付いたスーツ脱いだ名画のザマ

 

暮の真理老いて亦ロンダリング

砌シンパシー見よ、凍結の夢

真理老いて亦ロンダリング

砌シンパシー見よ、凍結の夢

真理老いて亦ロンダリング

砌シンパシー見よ、凍結の夢

真理老いて亦ロンダリング

砌シンパシー見よ、凍結の夢を

砌断つ文目