ある少女から呼び出され、3人は別の世界線のそれぞれの地へ飛ばされる。

「『月碧の塔』の再建」を少女から命じられていることは何となく記憶にある3人は「月碧の塔」を目指す。

それぞれの目覚めを迎え、それぞれ自身の葛藤や直面している苦悩を目の当たりにしていく。

その世界線の「月碧の塔」は、その街の人々の希望や決断によって建っているものだった。

塔は既に荒廃しており、「『月碧の塔』の再建」とは街に光を灯すことだと知る。

© 2017-2020 by stroph, Yu Ibuki